認知症・・・

両親の老いの姿に戸惑う日々


母は、
元々の気性の激しさが増してきた

被害妄想の傾向が強くなり
事実とは異なることを妄想し
いつしかそれが本人の中では
事実となっていく…

父や私の意見は聞き入れず
気に入らないことがあると
イライラ爆発で手が付けられない…母

肺癌の手術が終わったら
少しは穏やかな人になるかと思ったけど
変らないどころか、ひどくなってきた…

それなのに、
家を一歩出るとニコニコ顔の
朗らかなおばあちゃんに変身する


そんな母に疲れ
反論することをあきらめ
母のすることを黙って見ている父

なんであんなになったんやろ…と
涙する父
鬱を抑える薬と睡眠導入の薬で
どうにか精神の安定を保ってます


両親の真逆な老いの姿
どうすりゃいいのか…


両親と同居する前に
ここまで認知症が進んでいるとは
思わなかった

もっと早く気付いていれば
母もこんなにならなかったのでは…

もっと早く一緒に住めば
父もこんなにならなかったのでは…

そんな事を考える日々

両親の通院の付き添いなどが
週に2~3回あり、
今はパートもできる状況ではなく
収入は無いのに税金は徴収されるし…

両親のことプラス自分の人生
この先、どうすりゃいいのか…悶々…


そんな中、今日、
介護保険の訪問調査に
来ていただきました

調査時の母は、
終始ニコニコ笑顔で受け答え

まったく、もう…
でもね、お母さん

私…以前の仕事で
訪問調査の現場を多々経験したからね
お母さんみたいなタイプは
普段の家庭での様子の
予備情報がないときちんと判定が
難しいこと知ってんのよ

だから事前に、お父さん、
お母さんの様子は伝えてあるのよ~


両親を同日程で別々の施設か
同じ施設で別の日程かでの
通所サービスの利用して
二人が離れる時間を作って
父が気分転換できるようにしたい…と
ケアマネさんやドクターと
相談しているところよ~

どちらも大切な親
それぞれが心穏やかに
老いていって欲しい
そのためのベストな方法を考え中


今日も、な~んか疲れました
介護って終わりが見えないなぁ~

とりあえず、二人は寝たし
焼酎でも飲むか………
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きついですね

ご両親とも介護されて、大変ですね。
認知症の人はいちばん世話をしてくれる人に暴言を吐いたりつらくあたると聞きました。私も母の暴言を受け続けてきました。これからのことを考えると憂鬱です。また訪問しますね。

Re: きついですね

水無月さま

父に合わせれば母がキレる
母に合わせれば父が涙する
父と母の真逆な認知症の症状に
あ〜ぁ…とため息が出てしまう時も…
適当に聞き流しながら
付き合っていきたいと思ってますが…

また、お立ち寄りくださいね(^o^)
コメントありがとうございました
プロフィール

pico

Author:pico
picospoon

鈴鹿市鈴鹿ハイツ2‐17
℡ 080‐4305‐0141
  
営業時間 11:00~17:00
 17:00以降はご予約のみ
定休日 日・月
駐車場 8台
満車の際は
第二さくら幼稚園側の 
道路も駐車可です

第二さくら幼稚園の
交差点の角の所が
当店です(*^^*)


体が喜ぶあたたかご飯 
お茶を飲んだり
本を読んだり
心が和む優しい空間
安心安全な食材を選び
心をこめて手作りした
ごはんとおやつの
小さなカフェを
福岡県福岡市城南区で
経営していましたが
高齢になった両親と
暮らすために
2013年10月末に
閉店いたしました。

両親は父の定年前に
私が育った大阪から
三重県に移り住みました

高齢になるとともに
父は、うつ傾向になり
泣いたり黙り込んだり…
眼病のため視力が弱く
足腰も悪く
膀胱癌の手術を受け
前立腺癌の治療中

母は
前頭側頭葉型認知症
突然、激昂し大暴れ
リウマチ、骨粗鬆症
腰部脊柱管閉塞症
肺癌を罹患

そんな両親のために
九州から鈴鹿市に
来ましたが
両親の世話のために
パートに出れず
無職無収入…

両親と自分の将来…
友人もいない土地での
先の見えない介護生活は
不安だらけでした

そして……2015年8月
鈴鹿市にpicospoonを
復活させました♪

ところが
復活したとたん
母がくも膜下出血で
意識不明になり…
…2016.1.14 
 永眠いたしまいた

次から次へと
いろいろありますが
ポジティブ&アクティブ
気合入れて頑張ってます

応援よろしく
お願いします(^^)v


☆ 厚生労働大臣公認
     手話通訳士
☆ 国際薬膳食育師


※2013の大晦日に
ブログをFC2に
お引越ししましたが
それ以前の記事は、
順不同のままアップに
なってしまいました。
よければ
のぞいてみてくださいネ

※FC2以前のブログは
 リンク欄からどうぞ