今日、2回目の更新 …

IMG_8015.jpg
今日、2回目の更新
何となくね…

午後からの施設担当者の方たちとの
話し合い…

ショートステイとデイサービス
それぞれの利用施設の責任者さんから

最近、ベッドで寝たかと思ったら
起きてきて「腰が痛い」と訴える
…この繰り返しです・・・と。

家にいる時と同じ様子

ショート先の施設の方からは

夜間のコールが頻繁で
職員の対応がたいへん

今の状況でグループホームでの
受け入れは無理。
特養はなおさら無理ですよ。
できれば一旦、
精神病院に入院?させてもらって
精神状態を落ち着けてからなら…と。

この前、
ここで完結できるとか言ったのは、
あなたでしょ…

今日、ショートステイから帰ってきた母

腰がしゃんとして歩き方もスムーズ

腰が痛いと言う回数も少ない

ただ、ちょこまかと家の中を動き回る

カーテンを開けたり閉めたり
籠に盛ったみかんを
取り出したり、入れたり
頂いた柿を箱から
取り出したり入れたり

ベッドに入っても
またすぐに起きてくる

お母さん、何か不安なの?
顔つきは以前の険しい表情から
穏やかな…表情に変わってる

これは、もしや・・・徘徊の兆候?

…お母さん、心配せんでいいから
私が一緒に歩き回るから・・・

ようやく、母がイビキをかき出した
今夜は…
軽めにアルコール消毒
軽めってどれくらいですかって
私の軽めはロックで、3、4、5、6…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

軽めのロック・・・picoさん、飲み過ぎは禁物ですよ(^_^;)

心を患っている方は、その人にしかわからない心配事があってそれを上手く伝えられない。
て、聞いた事があります。
お母さんにとって居心地の良い場所が見つかると良いですね。

No title

なかなか難しい問題ですね。
うちの母も元気な頃は夜中に起きてキッチンのテーブルで貯めてる小銭を数えたりしてました。逆に昼間は寝てばかりでしたが。。。
このままだと徘徊とかどう制御しようかと考えたり急に激高する時は怖かったりと悩みました。
デイサービスも施設によって帰りたがったり泊まっても大丈夫だったりでした。判らないなりに環境が合う合わないは判るようでした。
なので3つくらいのデイサービスを利用しましたね。ダメな所は止めて。

picoさんのお母様も合う施設が見つかるといいですね。
本当に飲み過ぎは注意ですよ!

No title

うーーん‥。

施設の方達に思う事は色々あっても、今はお母様の事picoさんの事だけを考える事に‥^^

精神科って、今のお母様を受け入れてくれるのでしょうか?
以前、知人に認知症専門の介護施設があると聞いた事があるんですが、ご存じですか?
私も詳しくは解らないのですが‥。
picoさんもしんどいとは思いますが、病院や役所等相談できるあらゆる窓口で情報収集して、お母様に合った施設を探すのも選択肢の一つかと思いました。

Re: No title

真ごころ 様
ほんとに…自分がどうしたいのか、それをどう伝えたらいいのかわからなくて
彷徨っているみたいです。
どうしてあげればいいのか…こちらも彷徨ってしまいます。

Re: No title

azukiママ 様
デイサービスは通所するところを一度変わりました。
今のところは、母お気に入りのイケメン君がいるところです(^^)v

ショートステイ先は今の所しか利用したことはないです。
環境の変化に対応できるかどうかも心配ですが
でも試してみないと分からないですものね。
母が落ち着く所があるかもしれないですものね。
ケアマネさんに相談してみますね。

グループホームは、やはり「腰が痛い」と呼び出しが頻繁でなので
日中はよくても夜間は対応できないと。
他にも入所施設を探してますが、どこもすぐには待機状態ですし。
すぐに入れるところは、入所金が30~40万、一月の利用料も17~18万とか…
そんなところは無理だし。
はたまた、部屋に鍵をかけて窓から様子をのぞきます…そんな可哀想な…とか。

なかなか・・・です。

Re: No title

えぞ紫様
はい、施設の方針や言われることに疑問を感じたりしますが
それはそれで、
私は母にとって何が一番かということを考えているつもりです(^^)

今、母がデイやショートで利用しているところも認知症の方がほとんどなんです。

毎日のようにケアマネさんに連絡とったり
広域連合や包括センターに問い合わせをして情報集めたり
先々週は腰痛に関する講演会があったので聞きに行き
先週も医療大学の開放講座があり、認知症がテーマだったので聴講し
講師に時間を取ってもらって個人的に相談させていただいたり
なんとか良い方法はないかと模索してますが……なかなか。

身体介助だけなら対応はできても
大声を出したり、暴れたり、頻繁な呼び出しは
他の入所者の不安を掻き立てたり、職員の手が取られるということで
受け入れてもらえないことが多いようです。

それでもきっと受け入れてくれるところ、良い方法があると思うのであきらめないで探してみようと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

pico

Author:pico
picospoon

鈴鹿市鈴鹿ハイツ2‐17
℡ 080‐4305‐0141
  
営業時間 11:00~17:00
 17:00以降はご予約のみ
定休日 日・月
駐車場 8台
満車の際は
第二さくら幼稚園側の 
道路も駐車可です

第二さくら幼稚園の
交差点の角の所が
当店です(*^^*)


体が喜ぶあたたかご飯 
お茶を飲んだり
本を読んだり
心が和む優しい空間
安心安全な食材を選び
心をこめて手作りした
ごはんとおやつの
小さなカフェを
福岡県福岡市城南区で
経営していましたが
高齢になった両親と
暮らすために
2013年10月末に
閉店いたしました。

両親は父の定年前に
私が育った大阪から
三重県に移り住みました

高齢になるとともに
父は、うつ傾向になり
泣いたり黙り込んだり…
眼病のため視力が弱く
足腰も悪く
膀胱癌の手術を受け
前立腺癌の治療中

母は
前頭側頭葉型認知症
突然、激昂し大暴れ
リウマチ、骨粗鬆症
腰部脊柱管閉塞症
肺癌を罹患

そんな両親のために
九州から鈴鹿市に
来ましたが
両親の世話のために
パートに出れず
無職無収入…

両親と自分の将来…
友人もいない土地での
先の見えない介護生活は
不安だらけでした

そして……2015年8月
鈴鹿市にpicospoonを
復活させました♪

ところが
復活したとたん
母がくも膜下出血で
意識不明になり…
…2016.1.14 
 永眠いたしまいた

次から次へと
いろいろありますが
ポジティブ&アクティブ
気合入れて頑張ってます

応援よろしく
お願いします(^^)v


☆ 厚生労働大臣公認
     手話通訳士
☆ 国際薬膳食育師


※2013の大晦日に
ブログをFC2に
お引越ししましたが
それ以前の記事は、
順不同のままアップに
なってしまいました。
よければ
のぞいてみてくださいネ

※FC2以前のブログは
 リンク欄からどうぞ